黒田幼稚園エッセイ
おひさまにこにこ

園長のエッセイ バックナンバー

令和3年度スタートによせて

園長  吉野 けい子

満開の桜が大きく空を舞いピンクの絨毯を敷いた園庭が、温かく優しく子どもたちを迎えて2021年度がスタートしました。
世界中が新型コロナウイルスの脅威にさらされて一年になりますが、いまだ終息の見通しが 立たず、今年度もコロナ対策をしながらの園運営になります。しかし「コロナだからできない」のではなく、「コロナでも工夫してできる」「コロナだからこそ育った」と考えられる新たな挑戦をしていきます。
幼稚園は、お子さまにとって初めての学校です。独り立ちできるようになるには、親から離れて集団で遊び・学ぶことによって、人や物との関わり方を知ることから始まります。私たちは自分の クラスだけでなく、在園するすべての園児の特徴を把握して、保育者全員で保育をする「一園 一学級」の精神を大切に保育に臨んでいます。また優しく、丁寧に子ども自身が納得のいく指導を心掛け、聞き入れる力・行動に移せる力をつけ自己肯定感を高める指導を進めています。
本園は規模としては大きい園ですが、アットホームな人的環境で子どもたちを包み、一人ひとりが安心(安定)して園生活を楽しめるような保育を目指しています。

園長  吉野 けい子